引越しにかかる費用について

住居を変えというのは仕事上異動が多い方を除いて、人生の中でもそう何度もあることではないでしょう。家を購入すると尚更少なくなります。実際に引越しをされた方なら分かるでしょうが、意外とめんどくさかったりお金がかかったりもします。どういった費用がかかってくるかと言いますと、まず必要なのが勿論新しい住居を契約する際に発生する費用です。仲介手数料や敷金礼金、家賃など色々とかかってきます。新しい家が決まれば今住んでいる住居を解約する必要がありますので管理会社や大家さんに連絡をいれます。退去の際は家の中の設備や汚れをチェックされ、汚れや破損があれば修繕費もかかってきます。そして今住んでいる住居にある荷物も移動しないといけないので引越し業者にも依頼する必要があります。新しい家の契約にかかるお金、お住みの住居の修繕費、引越し業者への依頼にかかるお金、思っている以上に高額にもなってきますので、新しい家選びは後悔のないようにしっかりとしてください。

引越し費用を抑えるために

引越し費用は、荷物の量や移動距離などによって変わってきます。それだけでなく、季節によっても大きく変化するのが特徴です。一番高くなる季節と言えば、やはり3月です。卒業して新生活を始める方が多いので平均して2、3万ほど高くなる傾向があります。次に高いのが4月ですが、そのほかの月ではそれほど金額は変わりません。荷物の量は、トラックの大きさによって大きく変わります。2トントラックに乗り切る量の荷物にすると安く引越しをすることができます。見積もりをする前には、不用品を処分しておくと、荷物が減らせ費用を抑えることができます。また、荷物が少なくなると新居での片付けも簡単に済ませることができるので、一石二鳥です。移動距離については、200キロを超えると10万円台になることが一般的です。事前に相場を調べておくと見積もりを取るときに役に立ちます。

引越し費用は交渉次第で値下げも

引越しをする際には、事前に情報を集め、早め早めに動き、しっかり準備することが大切です。引越しする際には、専門の業者に荷物を運ぶことを依頼する方が多いですよね。同じ荷物の量や距離でも、業者によってその費用は全然違います。元々のプラン自体が違うのはもちろんですが、業者によって値引き交渉ができるケースも多くあります。じょうずに交渉すると、数万円変わってくることもありますので、経済的な負担が軽くなります。また、費用だけでなく、引っ越す日程についても早めに決めて予約することがポイントです。とくに、3月や4月などの繁忙期はとても混み合いますので、希望の日時がある場合には早めに予約しましょう。あまりお金をかけたくないときは、可能な限り自分で荷物を運んで、大きな家具だけ業者に頼むという方法もありますので検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*